職務経歴書に欠かせない項目とは何か

職務経歴書は文字通り「職務」の「経歴」を書く

職務経歴書には、どんなことを書いていけばいいのでしょうか。

ここでは、当然「職務」の「経歴」を書くことが一番の目的です。あなたのこれまでの仕事の経歴を振り返って、時系列的に書いていくのが一般的な方法です。

そうすることで、自分の能力を人事担当者に訴えていくのです。ここでは、あなたの能力が企業が求めている職種にマッチしていることを訴えなくてはなりません。

実は、ここが、案外難しく、応募者が自分だけで満足したような職務経歴書が多いのが事実です。

たんに自分の職務経歴だけを、ツラツラと書けばいいのではありません。

(コチラに職務経歴書の書き方の見本がありますので、良く参考になさった方が良いかと思います)。

 

キャリアをしっかりと人事担当者に訴えるための職務経歴書の書き方

  1. 名前と希望職種をまず最初に記す。その上で、次に職歴を時系列的に書いていく。
  2. この場合、必ず読む側のことを意識して書く。あなただけがわかっているのでは意味はない。とくに勤めている会社概要をわかりやすく書く。
  3. あなたの部署名、役職名および担当した仕事の内容を具体的に書く。さらに仕事の成果を数字などでわかりやすく書く。とくに技術系の人の職務経歴書は、専門用語が多くわかりにくいので、用語の解説を加えること。
  4. 昇進の過程や管理した部下の人数を書く。
  5. これらに加えて、応募職種に適していることを記す。

 

仕事で学んだこと、培ったことを表現する

職務経歴書であなたの再就職への決意表明をする

職務経歴書は、こうした形式的なことを踏まえて書いていきますが、ここで、職務経歴書に盛り込むべき基本的事項を上げておきます。

 

職務経歴書に盛り込む基本的事項

①氏名·年齢、②職務経歴書の作成日、③職歴要約, ④職務経歴·実績、⑤専門知識·専門分野、専門技術、 ⑥応募資格、⑦希望職種. ⑧志望動機, ⑨転職理由、⑩自己PR. ⑩取得資格·免許、⑩決意表明

何より職務経歴書という名の通り「職務」の「経歴」をわかりやすく人事担当者に伝えるように書く必要があります。

職務経歴書については、よく「キャリアの棚卸し」と表現されます。これは、職務経歴書を書くことによって「自分自身の実力を客観的に知ることができるためです。職務経歴書で大事なのは、所属していた会社よりも自分自身に焦点を当てて、よく掘り下げて書くことといえます。

たとえば、「それぞれの職務で学んだこと」「自分が成長したことを書くようにしてください。管理職として活躍をしたなら、その貢献度とともに、困難だった点なども書くようにしましょう。

人事担当者は、あなたが仕事で何を培って、どのように成長していったのか、を知りたいのです。

また、最後に「決意表明」のような形であなたの意思を示すとよいでしょう。

 

再就職・仕事の見つけ方ガイド 小島郁夫 ぱる出版より

面接対策:面接の場の流れやリズムにうまく乗って話していこう

中高年の再就職の面接では、新卒者や若い人の中途採用の面接と違って、すでにある程度の仕事の経験があるので、面接官が前の仕事はこういうことだったのですね」と、いきなり仕事の話から入ることも珍しくありません。この場合、相手は、かなり即戦力の人材を求めているといえるでしょう。

そこで、あなたも、すぐに対応していく必要があります。「ええ、主に、こういうことを中心に、ここ一、二年はとくに○○の分野に力を入れていました」という具合です。すると、面接官は、「ああそうでしたね。職務経歴書を拝見しています」となり、「○○では、何が課題なのでしょうかねぇ」などと、進んで行きます。

要するに面接の場での流れというものが、すぐにできてしまい、その流れに乗って、うまくリズムをつかんで話していく必要があるのです。面接官は、○○の分野でのあなたの実力を、あなたの口から具体的に聞きたいのです。そのために面接にあなたを呼んだのです。リストラ等のマイナス面は聞きたくありませんし、リストラについては、面接官は理解しています。

ですから、ここで一気にあなたのキャリアを訴えかけていくべきです。多少、早口で興奮してもいいでしょう。面接のリズムを崩さないように、面接官と丁々発止で仕事の課題や展望を話していけたなら、必ず道は拓けるでしょう。

 

再就職・仕事の見つけ方ガイド 小島郁夫 ぱる出版より