自分に合った仕事探しは転職サイト・転職エージェントの活用がカギ

求人していない会社だから、採用を諦めているわけではない

自分に合った仕事や会社というものは、行動しなくては見つかりません。仕事を探す、会社を探す、ということは、何も求人している会社だけを対象にするのではなく、「求人していない会社」も候補に上げていくということです。そうすると、これまで「自分に合った仕事がない」という悩みは、解消されます。

「そんな大胆なことが、果たして通用するのか」と思うかもしれませんが、少し考えてみてください。たとえば、よく人脈やコネで再就職が決まる人がいます。この場合、たいていは中途採用の求人広告を出していませんし、人材紹介会社も使っていません。あるいは、使っていたが、いい人材がいないので諦めていたというケースです。しかし、「知人のネットワークで、いい人が採れた」ということがあるのです。

ですから、あなたも積極的に自分を売り込んでいくことです。自分の自己PRの書類を一式作って、あなたが求めているポジションがありそうな会社を狙ってコンタクトを取っていくことです。

会社探しは前段で触れたインターネット、新聞等で十二分に可能です。そこに自分の仕事があるかどうかは、企業戦略から読み取ることになります。これが少し厄介ですが、そこまでできると必ず面接法ではこぎつけることができはす。成長している企業、業務内容が自分に合っている企業をいかに探し出すか、人材紹介会社からの電話やメールを待っているだけでは、事態は打開しません。

 

インターネットで自分の好きなキーワードで検索し、会社を絞り込んでいく

インターネットはいまや再就職のための必需品です。インターネットなくして再就職は不可能と言っても過言ではありません。まず、「再就職支援」や「人材業界」「派遣」というキーワードを入れてみると、その膨大な量のデータに驚嘆することでしょう。これを全てクリックして、内容をチェックするとなると大変な時間がかかります。

インターネットは会社探しに便利です。社名が間違ってなく、その会社がホームページを持っているなら必ずヒットします。業界や職種から探すこともできます。「外食」というキーワードを入れれば、ほとんどの外食産業の企業が出てきます。

しかし、問題もあります。それは、やたらクリック数が多く、1つの会社の全てのことを知ろうとするなら1日がかりになることです。

また、中高年の採用情報など知りたい情報がどこにあるのかがすぐにわからないホームページが多いことです。ホームページは会社案内が目的なので、たんなる宣伝や商品紹介が多くなりがちです。

 

転職サイト・転職エージェントの力を借りて求人を探す

そこで、まるで違う視点に立ってキーワードを入れてみると、その分野で活躍している企業が浮かんできます。たとえば、「環境」「ボランティア」とか趣味の「農業」「園芸」などです。こうしたキーワードから逆に企業を検索していくという方法で、あなたに合う仕事や会社が見つかるかもしれません。

それ以上に簡単に適職を見つける方法として転職サイト、転職エージェントの活用がありますよね。

今は本当に多くの転職サイト、転職エージェントがあり、ネットで「転職サイト・転職エージェント おすすめ」検索すればたくさんの人材紹介会社が見つかる事でしょう。

色々なおすすめ会社がありますが、こちらのおすすめ転職サイト・転職エージェントに関する記事の通り、まずはリクナビやリクルートエージェント、DODA、パソナなど人材紹介会社に登録するのが王道だろうと思います。

ぜひ「自分で」はもちろん、「転職サイト・転職エージェント」も使って希望条件に合った理想の求人を探してみてください。

 

小島郁夫 再就職・仕事の見つけ方ガイドより